そのミスタッチには、器用な原因がありました

画像の説明
 
よく観察する。
 
そのミスの原因はなんなのか、
よく見て、観察する。
 
そして、分解する。
 
そのミスの原因はなんなのか、
ありのままをとらえて、分解する。
 
 
あるとき、
スケールの弾くある子で、
こんなことがありました。
 
はじめは上手くいっていたのに、
あるミスタッチをしてから、
突然、
バラバラに崩れていくんです。
 
「さっきまで出来てたのに…」
 
そんな気持ちの焦りと、
苛立ちも感じる、そんな演奏でした。
 
 
そこで、1つの仮説に行き着いたぼくは、
こう、声をかけます。
 
「右手と左手を一緒に弾いてみよう!
 何も意識しなくていいから、
 ただ、右手と一緒に、左手を動かしてみてくれる?」

と…。
 
 
その子は、
上手くいかなかったことがきっかけで、
左右の指を、個別に動かそうとしていました。
 
そのせいで、動きのリンクが混乱し、
弾けなくなっていたのですね。
 
なんと器用な…(笑)
 
  
 …

【こころと気づきのしつもん】

Q.どのようにして、ミスタッチをとらえますか?

[ぼくの答え]
ありのままを受け止め、可能性を考える

あなたの答えは、なんだろう?

 
もうご覧いただけましたか?
 
おんがくをワクワクさせる3つの魔法のカード
 

19年の指導生活の中で生徒たちへ届けてきた、
ぼくの言葉や想いが、
90枚のカードになっています。
 
カウンセリング、コーチングを学んだ方たちが、
注目しているカードです。


Tag: 演奏をしつもんで考える ブログ

コメント


認証コード5802

コメントは管理者の承認後に表示されます。