ぼくが「しつもん」にひかれた理由

画像の説明
 
魔法の質問認定講師養成講座は、
ぼくにとって、
とっても刺激の強く、
そして、
学び深い毎日でした。
 
あの仲間がいなければ、
今日のぼくは、いないと思う。
 
 
そこで得たことはたくさんあるけど、
「しつもん」に焦点をあてるとしたら、
ぼくは、
この言葉が、ヒットした。
 

どんな「しつもん」をするかも大事だけど、
どんな人が、どんな状態で「しつもん」するかの方が、
もっと大事。

 
本当に、そうだ。
 
 
これは、
ずっと考えていたこと。
 
これは、
ずっと感じていたこと。
 
自分のための質問ではなくて、
相手を想い、
相手のための質問をする。
 
これは、
自分のマインドと合致している。
 
 
正直、嬉しかった。
 
 
今まで、ひとりでやってきた音楽教室。
 
わからないこともいっぱいあったけど、
生徒ちゃんのためにと、
考えてきたことは間違っていなかった。
 
 
この考えは、
時には馬鹿にされたり、
いろいろな人に叩かれたり、
否定されることも多かった。
 
でも、
ぼくが信じてきたことは、
間違っていなかったんだ。
 
そう。
 
今までのぼくで、
ありのままのぼくで、
よかったんだよ。
 
 
 …

【こころと気づきのしつもん】

Q.あなたは、どんな風に「しつもん」が出来ますか?

[ぼくの答え]
その日が、こころと手元に溢れる素敵なツール
 
 
あなたの答えは、なんだろう?

「しつもん」で人生が変わる

 ぼくはそう信じています。
 だって、ぼくがそうだったから…。

 「しつもん」を学べる講座を開催します。

 「しつもん」で、
 あなたの人生やレッスンに変化を起こしてみませんか?

↓↓ 詳細は、こちらをクリック!


Tag: しつもんLIFE 徒然 ブログ

コメント


認証コード3881

コメントは管理者の承認後に表示されます。