ぼくが60分レッスンにかける想い

画像の説明
 
ぼくの教室には、
40分と60分、
2種類のレッスン時間がある。
 
たった20分だけど、
実は、
この差は大きい。
 
 
細かい技術的な指導が出来ることは、
もちろんだけど、
実は、
それだけじゃない。
 
 落ち込んでいるとき
 悩んでいるとき
 迷っているとき
 
そんなときは、
共に考え、
解決へ向かうことだって、出来る。
 
 元気があふれているとき
 未来に向かっているとき
 やる気が満ちているとき
 
こんなときは、
もっと高みを目指したければ、
一緒に登っていくことも、出来る。
 
 
40分という時間から見たら、
たった20分しか増えてないけど、
そこにある効果は、
何倍もの時間に匹敵していて、
共にいる時間の効果を、とても強く感じます。
 
そう。
 
ぼくのレッスンは、
共有する時間が長ければ長いほど、
レッスン効果は上がるんです。
 
 
生徒ちゃんと共に過ごす時間を、
最大限に活かせる方法で、向き合う。
 
そのときに最良の選択を、届ける。
 
その選択がなんなのか、
具体的なことは、
ここに書ききれないほどあるから。
 
また機会が出来たとき、聞いてくださいね。
 
 
 …

【こころと気づきのしつもん】

Q.あなたは、そのレッスンで生徒に何を届けますか?

[ぼくの答え]
生徒ちゃんにとって、最良の選択
 
 
あなたの答えは、なんだろう?

「しつもん」で人生が変わる

 ぼくはそう信じています。
 だって、ぼくがそうだったから…。

 「しつもん」を学べる講座を開催します。

 「しつもん」で、
 あなたの人生やレッスンに変化を起こしてみませんか?

↓↓ 詳細は、こちらをクリック!


Tag: しつもんLIFE 演奏をしつもんで考える 7つの法則(教室経営) 徒然 ブログ

コメント


認証コード9707

コメントは管理者の承認後に表示されます。