1回のレッスンの時間って、なんで決まってるんだろうね?

画像の説明

ある年の発表会のときのこと。
 
あと1ヶ月くらいの頃、だったと思う。
仕上がりが気になる時期に、
まだ、上手く弾けない生徒がいました。
 
譜読みって感じ。
 
 
ぼくは、
ただただ、その子に上手になってほしくて、
その子に輝く瞬間を届けたくて、
そのときの状況を打開したくて、
一生懸命に取り組んでいました。
 
その子のレッスン時間は、30分。
 
でも、30分には限界があってね。
時間をオーバーすることがありました。
 
10分くらいだったかな…。
 
 
あるとき、
お母さんがお迎えにいらしたんですよ。
 
その様子を見たときにね、ぼくは自分の間違いに気づいたんだ。
 
 
価値観は、みんな違う。
 
ピアノが上手になりたい気持ちには、
それぞれ、大きさに違いがある。
 
ぼくは、どんなことを投げ打ってでも、
ピアノが上手になりたかったから、
先生から得られるものは、
なんだって、学びたいと思っていた。
 
けれど、それって、ぼくだけのもの。
 
 
だから、
レッスンの終了時間は、きっかりと、守る。
 
そして、決められた時間を、最大に活かす。
 
 
 …
 
【こころと気づきのしつもん】
 
Q.終了時間は、なぜ、あるのですか?

[ぼくの答え]
集中して、課題をクリアする。
次の予定を立てたり、生徒ちゃんが、時間を有効に使える。
 
 
あなたの答えは、なんだろう?
 
 

 

あなた「らしさ」とは、なんですか?

 
 「しつもん」に出会って、
 ぼくは、ぼくらしい音楽に出会うことができました。
 
 ぼくにしかできない、
 ぼくだけのレッスンは、なんなのか、
 知ることが出来ました。
 
 きっと、あなた「らしさ」は、あなたを輝かせます!
 
 だって、ぼくがそうだったから…。
 
 ぼくと一緒に、
 あなた「らしさ」を見つけてみませんか?

↓↓ 詳細は、こちらをクリック!

 

コメント


認証コード2723

コメントは管理者の承認後に表示されます。