市役所での体験がピアノ教室に活きる瞬間

2015-12-09 11
 
先日、市役所に行ったときのこと。
 
ぼくは、
役所から来た手紙の内容がよくわからなくて、
お話を伺いに行っていました。
 
マイナンバー制度も始まって、
窓口は、それなりに混み合っている感じ。
 
バタバタしてる役所の中で、
ぼくを担当してくれた職員さんは、
しずかに、
でも、温かく、対応してくれました。
 
 
マスクをしていた職員さんでね、
表情もはっきりわからない人でした。
 
でも、
スゴく安心感があって、
温かさを感じる、ひと時だったんです。
 
なんだかわからないけど、
「よーし、やるぞ!」
って、気持ちにもなっちゃった(笑)
 
 
役所を出るとき、
ニンマリと笑いながら、
なんでだろう?って、考えてみました。
 
そこで、ぼくが気づいたのは、承認。
 
 
お話をしっかり受け止めてくれる。
ぼくの気持ちに、共感してくれる。
ぼくのためを考えた意見をくれる。
 
この姿勢を持って、ぼくと接してくれたら、
ぼくは、
嬉しくなっちゃって、
元気にもなれたんだと、思います。
 
承認するって、
どんなときでも、力になるんだね。
 
お教室でも、心がけてみよう!
 
 
 …
 
【こころと気づきのしつもん】 
 
Q.あなたは、相手に、どんな気持ちになってほしいですか?

[ぼくの答え]
安心して、前向きになってほしい
 
 
あなたの答えは、なんだろう?
 
 

 
もうご覧いただけましたか?
 
おんがくをワクワクさせる3つの魔法のカード
 

19年の指導生活の中で生徒たちへ届けてきた、
ぼくの言葉や想いが、
90枚のカードになっています。
 
カウンセリング、コーチングを学んだ方たちが、
注目しているカードです。

 
このワクワクカードのこえかけカードを使うと、
とっても簡単に、
生徒さんの心に寄り添うことが出来ます。
 
もし、よかったら、
一緒に、素敵な音楽を奏でてみませんか?
 

コメント


認証コード5897

コメントは管理者の承認後に表示されます。