ぼくは理由を説明します

画像の説明
 
ぼくが、
いつ、
いなくなってもいいように。
 
先生がいなくても、いいように。
 
生徒が、
生徒の力で、
 
生徒自身の演奏と、
音楽を、
奏でられる。
 
そんな、演奏者になれるように。
 
 
ぼくは、
生徒と向き合うとき、
 
いつも、
 
そのことを考えて、
言葉を選びます。
 
 
時々ね、
 
 意地悪って思われないかな…
 
って、
心配になるときもあるけど。
 
でも、
 
ここで、
ぼくが甘えちゃったら、
彼らが、
本当の力を得られなくなっちゃうから。
 
だから、
 
あえて、
答えは言わない。
 
  
答えを教えるのは、
簡単。
 
でも、
そうしないのには、
理由があるんだよ。
 
 
 …
 
【こころと気づきのしつもん】 
 
Q.その言葉の先には、どんな意図がありますか?
 ↓
[ぼくの答え]
生徒ちゃんの未来のために
 
 
あなたの答えは、なんだろう?
 

 

無料メールマガジン、ご登録はお済みですか?

 

未来のぼくが、
過去のぼくに宛てる手紙。
 
ここには、
 
レッスンのヒント、
コミュニケーションのヒント、
お教室作りのヒントが、
ぎゅっと、
詰まってます。
 

よかったら、覗いてみませんか?
 
 ↓ ↓ ↓
 
ばばっちのニュースレター
ピアノ好きのこどもが育つ♪朝のレター365

 

コメント


認証コード2044

コメントは管理者の承認後に表示されます。