先生と生徒で、見ている景色が違うから

画像の説明
 
 
昨日お話しした、
 

 いつまでたっても、曲が終わらない!

 
ってこと。
 
そう言えば、
生徒の立場の時も思っていたな〜、
と思い出したので、
 
今日は、そのお話。
 
 
ピアノのレッスンに通っていると、
 
なかなか曲が終わらないってこと、
ありませんか?
 
毎日練習してるのに、
 
ちゃんと、
先生の言うこと守ってるのに、
 
言われたことも、
楽譜に書いてあることも、
きちんと、
出来てるのに…、
 
 
合格(ハナマル)にならない。
 
 
んっとー。
 
こっそり、
教えちゃいますけど、
 
ぼく、
かなり飽きっぽいんです(笑)
 
 
いろんな曲弾きたいし、
 
ピアノを始めたのも遅いから、
どんどん、
教則本を進めなくちゃ!
 
って思ってました。
 
 
だから、
 
合格(ハナマル)にならないと困るし、
合格(ハナマル)にならないと、
 
テンション下がる(笑)
 
 
でもねー。
 
今なら、
合格(ハナマル)にならないことも、
合格(ハナマル)にならない理由も、
理解できます。
 
 
今日のポイントは、ここ。
 
 
当時のぼくは、
 
ぼくが見ているゴール(仕上がり)と、
先生が見ているゴール(仕上がり)が、
違っていたんですね。
 
 
こどもが見える景色と、
おとなが見ている景色が違うように、
 
生徒が目指しているゴール(仕上がり)と、
先生が目指しているゴール(仕上がり)は、
違う。
 
生徒が得たいと思っているものと、
先生が得て欲しいと思っているものが、
違う。
 
 
だから、
ぼくは、今、レッスンで、
 
なぜ、それをするのか、
そこから、どうなって欲しいのか、
そこに、何を求めているのか、
 
ぼくの想いを言葉にして、
伝えるようにしています。
 

ぼく達おとなと、
こども達の視線が揃ったら、
 
見える景色も一緒になって、
 
伝わる言葉も、
伝わる音楽も、
変わっていきますから。
 
 
 
 
 
 …
 
【こころと気づきのしつもん】 
 
Q.その完璧を伝えると、どうなりますか?
 ↓
[ぼくの答え]
お互いの目指すところが見えてくると、
レッスンが楽しくなる!
 
 
 
 
 
あなたの答えは、なんだろう?
 

 

このページをご覧のあなただけに、プレゼントします!

講習会などでは、
3000円ほどの受講料をいただいている内容です。
 
でも、
 
多くの方に受け取ってほしいと思い、
無料でプレゼントいたします。

 

 

コメント


認証コード2352

コメントは管理者の承認後に表示されます。