ぼくが、
このお教室をはじめたのは、2000年。
 
大学生のとき、でした。
 
それから、
今日まで、
ピアノ教室を続けていく中で、
たくさんの生徒ちゃん達に、
出会ってきました。
 
 
その中には、
 
いいこと、
悪いこと、
悲しいこと、
楽しいこと、
嬉しいことが、
 
たくさんありました。
 
 
がはは!っと笑ったこともあったし、
歯を食いしばって涙を流したことも、
あります。
 
本当に、
いろんなことが、ありました。
 
 
そのひとつひとつが、
積み重なって、今になっています。
そんな毎日を積み重ねていたあるとき。

 

成長とは

 

生徒ちゃんの、
お父さん・お母さんから、
彼らの成長に対して、
相談を、
受けるようになりました。
 
 
少しでも、
 
お父さん・お母さんや、
生徒ちゃん本人の、
役に立ちたいと思っていたぼくは、
  
あるとき、
ぼくの経験を話したんです。
 
 
ときには、ぼく自身のこと。
 
ときには、
お兄さんお姉さんの、
先輩生徒ちゃんたちと過ごした、
思い出のこと。
 
 
お教室で出会う、
たくさんの毎日の中から、
 
生徒ちゃんに役立つ出来事を見つけて、
 
ぼくは、
伝えていきました。
 
 
そうしたら…

 

どうなったと思います?

 

その生徒ちゃんも、
お父さん・お母さんも、
 
笑顔になってくれたんです。
 

そんな毎日を重ねていくうちに、

お教室をはじめてから、
20年と言う節目が、
少しずつ、
近づいてきています。
 
そんな今、
 
お友達のピアノの先生や、
お父さん、
お母さんたちの話を聞いていて、
 
1つ、
気になることに気づきました。
  
 
それは…

 

楽しさを伝えたいのに

 

音楽の楽しさを伝えたいのに、
音楽の厳しさだけが際立ってしまって、
いること。
 
楽しいレッスンにしようと、
頑張っているけど、
思ったような効果と結果に、
繋げられていないこと。
 
練習してくれたら、
もっと上手になれるのに、
なかなか練習してくれなくて、
困っていること。
 
もっと素敵な演奏をしてほしいのに、
なかなか、
その子らしい演奏に、
たどり着けないこと。
 
こども達がとっても大好きで、
大切に思っているのに、
その気持ちが、
うまく伝わっていないこと。
 

あなたも、同じように思っていませんか?

 ……………
 

実はね。
 
約20年前のぼくも、
同じでした。
 
 
ピアノを習うなら、
練習するのが当たり前。
 
ピアノを習うなら、
上手になりたいのが当たり前。
 
ピアノを習うなら、
表現するのが当たり前。
 
 
そんな風に思ってました(笑)
 
 
今、振り返ってみると、
本当、
びっくりしてしまうけど。
本当の、話。
 
 
そんなぼくを、
今のぼくにかえてくれたのは。
 
紛れもなく、
 
お兄さんお姉さんの、
先輩生徒ちゃんと、
その、
お父さん・お母さんたちです。
 
生徒さん達が、
ぼくを、
育ててくれました。
 

 

関わり方が重要

 

彼らとの日々で知ったのは、
 
その子の音楽性を引き出すには、
関わり方が重要。
 
だと言うこと。
 
 
こども達の行動は、
 
ぼくたち大人の、
関わり方で、
いかようにも変化する。
 
のだと、言うこと。
 
 
そして、
 
その変化きっかけは、
彼らとの日々にあった。
 
と言うことです。
 
 
だから…

 

この朝のレター365に、

生徒ちゃんとの日々を、

そっと、

残していこうと思います。

 

また、
 
配信されるメールの最後には、
しつもんを、
記していきます。
 
 
そのしつもんに答えたり、
 
ぼくの日々から受け取ったことを、
実践してみてください。
 
少しずつだけど、
きっと、
変化が起きてくると思います。
 

この朝のレター365を申し込むと…
 
  〜〜〜〜〜
 ・こども達との関わり方がわかります
 ・ピアノを弾くためのヒントが知れます
 ・あなたらしい教室が作れるようになります
 ・もっとレッスンが楽しくなります
 ・あなただけの音楽が見つかります
 ・こどもたち(生徒たち)が輝きだします
 ・新しい指導法を垣間見ることができます
 ・音楽教育の可能性を知ることができます
  〜〜〜〜〜
 
また、
この朝のレター365の前身であるニュースレターの読者様からは、
こんな声も寄せられました。
 
 ↓ ↓ ↓
 
 ・ばばっちのメールは、なぜか、ホッとする。
 ・ふと自分を見つめることができる、瞬間になっています。
 ・いつも考えるきっかけを与えていただいています。
 ・メールの空気感がとてもよくて、配信がいつも楽しみです。
 ・ピアノ教育関係者じゃないけど、とても役立っています。
 
 
朝8時に配信されるメールと一緒に、
その子「らしさ」を引き出す関わり方を、
見つけてみませんか?
 

そうそう。
 
もしかしたら、
これって、
有料でお伝えするべきことかも知れませんね。
 
でも、あなたの役に立てるのなら、
特別に【無料】でお届けすることにします。
 
 
また、
 
この朝のレター365に登録してくれたら、
下記のワークシートと、
使い方PDFを、セットにしてプレゼント!
 
 ・どんな1年にしたいですか?ワークシート2018年版
 ・どんな1年にしたいですか?使い方PDF 2018年版
 
 
このワークシートは、
 
昨年100名以上のピアノの先生にも、
ダウンロードしていただいた、
ぼくのお教室でも使っているワークシートの2018年度版です。
 
 
これだけでも、あなたの役に立つと思いますよ!
 
是非、
受け取ってくださいね。
 
 

最後に、ひとこと
 
……………

ぼくの願いは、
 
 
ひとりでも多くのこどもたちに、
 
自ら考え自ら行動する力と、
らしさあふれる音楽表現を、
 
届けること。
 
 
この朝のレター365が、
みなさんの笑顔の素になれたら、最高に嬉しいです。

 

馬場一峰 しつもん音楽響育家 ♪ らしさLIFEピアニスト

画像の説明

 
11歳よりピアノを始める。東京音楽大学器楽専攻ピアノ科卒業。音楽学課程修了。神奈川県横須賀市を中心に、ピアノ指導、ピアノ演奏、コンクール審査、指導者向けレッスン、指導者向け ・音楽家向け・保護者向けの各パーソナルセッション、などを展開。音大在学中よりピアノのレッスンを始め、2015年現在、15年目を迎える。「音楽は必ず本人の中にある」とする生徒主体の指導法は、コーチングと出会う事により大きく飛躍。形成・再生・発展を軸に、読譜と奏法に特化した指導を目指している。脱力を基本に、からだを有効に使った奏法と併用されることで、生徒の表現の幅を更に広げる。また、メンタルへのアプローチも、得意。各個人に合わせた独自視点の指導によって、魔法のような瞬間的変化を起こす。また、自らの魅力に気づかせ、その人「らしい」音楽表現を引き出している。体験した生徒や保護者からは、「これまでの音楽教室にはないピアノ教室」と呼ばれ、教室には、笑顔のレッスン、自発的な演奏、音楽を楽しむ姿があふれている。
 
  

 

ピアノ好きのこどもが育つ♪朝のレター365

 

 
 

※ このフォームからお申込みいただくと、ワークシートのダウンロードついてご案内するページに移動するとともに、
  ばばっちのニュースレター「ピアノ好きのこどもが育つ♪朝のレター365」の配信が、開始されます。
 
※ 携帯電話のメールアドレスですと届かない可能性がありますので、
  パソコンのメールアドレスでの登録を推奨しております。
 
※ パソコンのアドレスでも、フィルターの設定によっては、メールの届かないことがあります。
  配信が受けられるように、フィルター設定のご確認とご変更をお願いいたします。