間違えたポイントは上げない方がいい

画像の説明
 
別にね、
間違えちゃいけないって、
言ってるんじゃないんだよ。
 
間違えることが、いけないんじゃないだ。
 
 
例えばさ、
この音を間違えたとするでしょ?
するとね、
間違えたポイントが「1」アップするの。
 
間違えたポイントが「1」アップすると、
間違えやすさも、もれなくアップ!
 
正しく弾きにくくなるんだ。
 
 
でね、
同じ音をもう一度間違えると、
間違えたポイントは、また「1」アップして、
また同じ音を間違えると、
間違えたポイントが、また「1」アップして、
どんどん、
完成が遠のいていくんだよ。
 
だから、
間違えない方がいいの。
 
 
そのために、
ぼくたちができるのは、
まず、
間違えずにすむ方法を探すこと。
 
ドレミで読んだり、
ゆっくり弾いたり、
よく確かめたり、
音をしっかり聞いたり…。
 
いろんなことが出来る。
 
その、いろんなことに工夫して、
間違えたポイントを上げないようにしていくと、
あっと言う間に、
うまく弾けるようになるよ。
 
 
間違えないで弾くことが、
完成の近道になる。
 
だから、間違えないようにって、声をかけるんだ。
 
 
 …

【こころと気づきのしつもん】

こころのエンジンに火をつける 魔法の質問

 
Q.あなたは、どんな方向に進みたいのですか?

[ぼくの答え]
ゆっくり、確実に、完成へ向かう
 
あなたの答えは、なんだろう?

 
もうご覧いただけましたか?
 
おんがくをワクワクさせる3つの魔法のカード
 

19年の指導生活の中で生徒たちへ届けてきた、
ぼくの言葉や想いが、
90枚のカードになっています。
 
カウンセリング、コーチングを学んだ方たちが、
注目しているカードです。


Tag: しつもん指導法 徒然 ブログ

コメント


認証コード6237

コメントは管理者の承認後に表示されます。